とある一夜の出来事

フェラチオまでのサービスを行う風俗店の料金は約1万円、最後までやらしてくれる風俗店の料金は約3万円、これだけのお金を稼ぐとなると最低でも1日は費やさなくてはなりませんが、エッチに費やす時間はアッという間。

お金を掛けずにエッチが出来ないか考えた際に勧められたのがセフレ掲示板、エッチがしたい者がメッセージをUP、マッチングすれば出会い、そしてエッチに及ぶのですから、お金がない者にとっては打って付けなサイトです。
出会い系サイト経験者の私は、有料のサイトでも無料のサイトでも、出会いに違いがないことを経験しており、無料のセフレ掲示板を利用、お金を掛けずにセフレと出会いたいと考えるのは他の者も同じこと、利用を始めてから数日後には会う約束をしました。

 

出会い系サイトを通じて会う約束をしてもドタキャンされることは珍しくなく、ダメ元で待っていると現れたのは二人組、私とメッセージのやり取りをしていたのは1人、しかし1人で来るとは相手は言っておらず、これはマズイことになると一瞬思ったのですが、待ち合わせの際の目印を持っているのは他におらず、逃げ隠れが出来る状況ではなかったため、とりあえず挨拶だけしてヤバイと思ったら逃げるつもりでした。

 

2人に挨拶をすると、2人ともとても感じが良い好青年、好青年?私が男性だと女性と待ち合わせをしていると考えるのは早とちり、私は女性でも男性でもどちらでもOKな体質、セフレ掲示板では女性でも男性でもOKなのですからノーマルな方に比べれば出会う確率は2倍になります。

ゲイが主に利用する出会いの場はハッテン場、歓楽街などの公衆便所がハッテン場として良く利用されていますが、エッチをするとなると衛生面で不安なため宿泊施設を利用したいとこですが、中には男性同士での利用を禁止しているとこもあり、使い勝手が良いのは入浴施設。

 

入浴施設にはお風呂以外に食事やお酒を楽しめる飲食コーナー、疲れを癒やす仮眠コーナーなどがあり快適しかもリーズナブル、彼らとは深夜遅くまで営業をしている入浴施設へ行くことになりました。

入浴施設には仕事帰りに利用するサラリーマン連れもおり、男同士で利用をしても不自然ではないのですが、ゲイは本来の目的とは異なることをしようとするため、他人に見られないよう死角を好み従業員からは警戒をされがちです。

 

私達3人も当初は飲食コーナーで楽しく過ごしており、そのあとは3人で仲良く入浴をしていたのですが、他の利用者とは異なるテンション、たまたま彼らが玉々を咥えているところを従業員に見られてしまい、私達は出ていくように言われ入浴施設をあとにしました。

 

ガッカリはしましたが、すでにテンションは上がっており、射精をしなくては気が収まらない気分であったため、私は待ち合わせをした男性の車に乗せてもらい、3人で近くの公園へ行きました。

 

その公園の駐車場には公衆便所があり、深夜帯はハッテン場として有名、夜間帯は通常のカップルが車内でエッチをすることで知られており、私達のような者にとっては勝って知ったところ、この駐車場に来た時点でエッチをすることは分かりきっていため、彼らがディープキスからのフェラチオをしても私は驚きませんでした。

運転席に居るのは私と待ち合わせをしたA君、助手席に居るのはA君が連れてきたB君、A君は肉体労働者だけあってガッチリした体型、システムエンジニアをしているB君はガリガリ体型、公園駐車場へ向かっている途中で既にB君はA君にフェラチオ、運転中のA君はフェラチオをするB君の頭を優しく撫でていました。

私は後部座席でその様子を見させてもらっていたのですが、カップルのエッチに参加をさせてもらうのは久しぶり、A君がB君に「彼(私のこと)のも咥えてきても良いのだよ」と言ってくれたのですが、A君にゾッコンなB君はひたすらフェラチオ、私は自分はフェラチオをしてもらえないんだと思いガッカリしたのですが、A君が「あとで必ずやらせる」からと言ってくれたので、彼らの関係性が分かり私は期待して待つことにしました。

 

B君はA君に服従をしている立場でA君の言いなりに、喉が乾いたA君がB君にジュースを買って来るよう命じると、B君は自動販売機に買いに行くのですが、B君はA君に言われ下半身は何も身に着けず、駐車場には他にも数台の車が停まっていたため、その様子は他の者にも見られてたと思うのですが、その時間帯に居るのは私達と似たような連中ばかり、騒ぎになるようなことはなく、買いにいかされたB君は嫌がる素振りを見せても何だか楽しそうにしていました。

B君が車に戻った時点で、私達の車両はゲイが乗っていることを他の人にも知られることに、A君とB君が車内でSEXを始めると熱気でガラスは曇り、外から覗かれる心配はなくなりました。

 

男女のSEXと違い、男同士のSEXはアナルを使うため車内はウンコ臭が漂いクサかったのですが、ここで窓を開けたらケツを掘られているB君にクサイと言っているのと同じで失礼、換気が出来ない私はタバコを吸って煙で誤魔化しました。

車内はウンコ臭とタバコ臭で酷かったですが、直に他人のアナルセックスを見られる機会は今までなかったため、匂いを我慢してプレイを直視、A君が私に「シコってあげて」と言うので、私はB君のペニスを手コキ、アナルとペニスを同時に刺激されたB君は悶絶寸前、B君は何度も「イキそう」と言ったのですが、A君に「俺より先にイクなよ」と強い口調で言われていたため、最後は「もうダメ」と発狂をしそうなくらいにB君は絶頂に達していました。

 

彼らの体位は正常位であったため、B君は自身の腹の上に射精、B君がイッてから数分後、B君の精液に掛けるようにA君も射精をしました。私に見られ、いつもより興奮度が増していた二人の精液はタップリ、それを拭くのは意外と優しいA君、拭いてもらったB君はA君のペニスを咥えてお掃除フェラをしていました。

この二人はすごいなと思い感心、二人のエッチが終われば窓を開けて換気をしても失礼ではないため、車の窓を開けると外には数人の男性が車内の様子を伺っていました。

 

私が窓を開けた時は、まだお掃除フェラの最中、それを見てギャラリーはニヤニヤ、ケツを掘られたB君は色々とやることがあるため公衆便所へ1人で入って行きました。色々やることがあるとしても、ゾッコンのA君を待たせるわけにはいかないため、5分程では戻って来ると思ったのですが、10分経っても20分経ってもB君は戻って来ず、私はA君に「B君遅いね」、するとA君は「アイツのことだから楽しんでいるんだよ」、それから暫くすると公衆便所から先程いたギャラリーが満足した様子で出て来て、その後にB君も出てきました。

 

車に戻ったB君にA君は「どうだった?」、それにB君はシカト、どうやらB君は公衆便所でギャラリー達とエッチをさせらていたようでした。
A君は最初からギャラリーとも待ち合わせをしていたらしく、それを聞かされていなかったのは私とB君だけ、もし私がネコ(受け専門)もしくはリバ(受けと攻めの両方がOK)であったなら、私もB君と同じようになったかもしれません。

 

B君のことが気掛かりでしたが、一夜に色々な経験が出来たB君は満更でもない様子、後部座席に居る私とは何もしていないため、A君に言われればB君は私とも関係を持ったでしょうが、空が明るくなり始めたため私は彼らと別れその後は会っていません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です